ウーバーイーツの繁忙期閑散期[稼げる時期、稼げない時期]鳴らない

稼げないのはウーバーイーツの閑散期のせい

理由

詳しくベテランの人から情報を集めた結果、どうやら「閑散期」に入ってるのが原因のようです。

閑散期に入るとお客さんの注文が減って逆に配達員は増える。

結果、熾烈なパイの奪い合いになって鳴らなくなり、売り上げが大きく落ちるそうです。

特に10月現在はその真っ只中なのです。

さらに今はコロナにも終わりが見え始めてるのもあり、みんな外出するようになって注文自体もさらに減ってます。

苦しい季節ですね。筆者は一日の売り上げが夏の2/3以下まで落ちてしまいました…。

ではウーバーイーツの繁忙期閑散期はいつまで?

はてな

ウーバーイーツの繁忙期閑散期、1年を通してみると次のような感じになります。

3-5月ー閑散期。6-8月ー繁忙期。9-11月ー閑散期。12-2月ー繁忙期。といった感じですね。

基本過ごしやすい季節は閑散期で、しんどい季節は繁忙期といった感じです。

専業にするには結構ムラのある収入です。

自営業ならどの仕事もそうですが…。

ピーク料金のつく都市部で稼働してる人以外は、この時期は別の仕事も視野に入れといた方がいいでしょう。

郊外だと、この時期専業で暮らすには1日12時間とか、あるいは週7日とか多くの時間稼働する必要があります。

6-8月と12-2月の繁忙期(良く鳴る)

この夏と冬の時期は繁忙期です。外に出るのがしんどい季節ですね。

これらの季節はお客さんも外に出たくないので、ウーバーでの注文が沢山増えます。

皆、暑かったり寒かったりすると自分で買い物に行きたくないですからね。

逆に配達員は自転車やバイクでの外での活動がしんどいので減ります。

すると注文が増えても配達員は減るので、結果パイの奪い合いが少なくなりよく鳴るように鳴るんですね。

兎に角稼げる繁忙期というわけです。

場所にもよりますがピークなら基本鳴り止みません。数珠祭りです。

この時期は、東京だとフル稼働すればバイクは日給15000円は普通に稼げます。

よく鳴るのでキロ単価100円切るのは受けないとか、数をこなす戦略向きの季節です。

横浜や川崎エリアでも気合で稼いでる人がいます。

藤沢とか茅ヶ崎、横須賀の郊外エリアでは正直そこまで稼げませんが。

ピークの染みというものが郊外には存在しませんからね。変わりにブーストが少し高めですが。

都市部なら稼げます。

やばい人は日祝や雨の日など3万は稼ぎます。

今では1日3万円は無理ですね。いけて2万円か大雨でクエあり調子の良い日とかでしょう。

参照 う〜ば〜太郎のブログ

3-5月と9-11月の閑散期(全然鳴らない)

繁忙期とは逆に春秋の過ごしやすい季節が閑散期になります。

皆普通に外に出て買い物をするのでウーバーの注文が減るんですね。

逆に配達員は自転車やバイクも気持ちいい季節なので激増します。

過ごしやすい季節なので配達も楽ですからね。

すると注文は少ないが配達員は多い、という熾烈なパイの奪い合いという状況が完成します。

結果なりが悪い鳴り渋な状況になり、売り上げが落ちるんですね。

この時期は1時間に2件なればかなり良い方になります。数珠もすぐ切れ正直待機時間が多くて苦痛ですね。

郊外エリアだとさらにです。

1日1万円稼ぐのも大変です。

ならないので多少ロングの高単価を狙ったりするのも大事になって来ます。

いかに立ち回るかが重要な季節と言えます。

雨や日曜など鳴りやすい日は欠かさず捕まえたいですね。

ここを乗り越え夏冬になれば、新人配達員が一気に減ってまた注文が増えてくるので売り上げも増えてきます。

繁忙期はもちろん、閑散期は特にバイクのが稼げる。バイクがおすすめ

基本的に繁忙期、閑散期両方共バイクのが稼げます。

特に件数の少ない閑散期は、距離を稼げるバイクのが有利ですね。

なので筆者は可能ならバイクでの配達をおすすめします。それも125ccの小型バイクですね。

30km制限や2段階右折の制限もない。また免許取得もバイク自体も安く手頃です。

稼ぎたいならバイクでやりましょう。

というか今では自転車で稼ごうと思うのは無理ゲーです。かつていたチャリレジェンド達も殆どいなくなりました…。

自転車でやるメリットはお小遣い稼ぎと運動を両立するとか、そういう場合くらいでしょう。

まとめ

まとめ

上記のように我々配達員にとって今10月の閑散期は厳しい季節ですね汗

頑張って乗り切りましょう。